お葬式・法事・法要、僧侶・お坊さんを僧侶派遣します。お通夜・告別式・火葬・初七日・10万円・法事法要3万円~ サービスコース一覧はこちらへ

ご家族身内ご不幸があった際に・・・
法事法要ご供養したい・・・
お寺様とのお付き合いがない・・・
ご自身の宗派わからない・・・
そんな時僧侶派遣の「僧侶がゆく」ご相談ください。

「僧侶がゆく」は、お寺様とお付き合いがない方や、檀家制にとらわれたくない方。葬儀会社から、お坊さんを紹介してもらったが、お布施がすごく高かった。今後は違うお坊さんにお参りしてもらいたいなど、様々な方へ、お坊さん(僧侶)を、安心料金で派遣いたします。
お葬式ができた時にご検討ください。

僧侶派遣コース

お坊さんの派遣には様々なプランがございます。
葬儀や法事など、目的に応じたプランと明確な料金設定でご安心頂いております。

葬儀プラン
お通夜+告別式+火葬場+繰り上げ初七日。100,000円◎法名・改名なし俗名葬儀。別途交通費、1日3,000円

お葬式(葬儀)のプランのご案内です。
お通夜+告別式+火葬場+繰り上げ初七日の2日間での料金です。
その他、1日葬、戒名なしありといったコースに応じて各種明確な料金にてご用意しております。

【こんな方がご利用いただいております】
■ご家族・ご親族のご不幸があったけど、お付き合いのあるお寺さんがない。実家でお世話になっているお坊さんを遠方から呼ぶと費用を請求される。
■葬儀会社からのお坊さんの紹介が高額だと聞いて不安。
■今お付き合いのあるお坊さんに不信感がある。
法事・法要プラン
法事・法要(墓前供養)30,000円。◎49日、100ヵ日法要。1周忌、3回忌、7回忌、17回忌等。祥月命日のお参り。別途交通費、3,000円

法事・法要でもお坊さんを紹介いたします。
ご自宅から墓前・セレモニーホールご希望の場所、時間にお伺いします。

【こんな方がご利用いただいております】
■法事をどこに頼んだらよいのかわからない。
■お寺さんと疎遠になってしまったが、きちんと供養をしたい。
戒名授与
戒名授与3,000円~◎宗派、文字等により改名料が変わります。詳しくはコチラをご覧ください。

現在でいう戒名(法名)は、一般的には仏世での名前として死後に授与される事を指します。
仏教では古来から戒名を授けるために、高額なお金を出さないと頂けない、という現状も存在します。
僧侶がゆくでの戒名授与は明瞭な料金にて、安心してご依頼いただけます。

お墓参り代行サービス
お墓参り代行。15,000円、交通費込み。◎お盆・お彼岸等のお墓参りを施主様に代わりお墓の清掃・お花の供え・お参り をいたします。(当社スタッフによるお参りとなります。)

お盆・お彼岸などのお墓参りを施主様に代わって「僧侶がゆく」スタッフがお墓の清掃から、お供え、お参りをいたします。

【こんな方がご利用いただいております】
■お身体の具合、遠方への引越など、何らかのご事情でなかなかお墓参りが出来ない方

※詳しくはサービス一覧をご覧ください。

ご依頼方法

まずは、お気軽に電話・メールにてお問い合わせ下さい
ご依頼コースのお布施料金を確認いただき、了承いただければ、ご希望宗派のお坊さんを手配させていただきます。
手配の準備が出来ましたら、弊社よりご依頼主に、派遣僧侶名・僧侶連絡先をお知らせします。

次に、ご依頼主様の不安を取り除くためもあり、お坊さんとの打ち合わせを直接していただいています。

ご依頼主様のご都合の良い時間をお聞きし、お坊さんより電話にてご連絡差し上げます。

またこの時点で、派遣僧侶に不信を感じられましたら、キャンセルもお受けします。
ご安心してお問い合わせください。

お布施のお支払いは、当日現金にてお支払い・請求書発行後のお払い・クレジットカードでのお支払い(WEB決済)にも対応しております。(請求書発行後のお支払いは、領収書の発行もお受けしております。
よくお聞きされる、食事のご用意は一切ご用意不要です。 (もし一緒に食事をしてもらいたいと言われれば喜んで召し上がらせていただきます。) また、お車代(交通費)も込の金額を提示させていただきますので、最初にご提示した金額以外の費用は一切不要です。

弊社はお客様の安心を常に一番に考え、僧侶派遣させていただきます。

法事について

故人の冥福を祈り、供養する行事が『法事(法要)』です。

忌明けの四十九日までの間、七日おきに法要を行うのが古くからの習わしです。

現在では初七日は、告別式と同じ日に執り行われる場合が多くなっています。

仏教の場合の法事・法要の種類

法事(法要)は故人が亡くなって49日間、冥福を祈り供養するための式典です。

この49日間は『中陰』と呼ばれ、7日毎に閻魔大王が故人の行った現世での所業を元に裁きを行い、49日目に極楽浄土に行けるかの裁定を下します。

言うなれば、極楽に行くか地獄に行くかの審査を6回に分けて行うものと考えていいでしょう。

この期間中、遺族は法事を行うことで極楽浄土に迎えるよう祈り、法事を行うのが故人に対する供養となります。

忌明けは四十九日で、以降は『年忌法要』を行い、一定の年に法事を行います。 この忌明けは地域によっては五十七日になっており、『いつなぬか』と呼ばれています。

亡くなってからの日数の数え方(仏式)
法要の日程を決める場合、一番気をつけなければいけないのが日数の数え方です。

例えば百か日までの法要は葬式を行った日ではなく、亡くなった日から数えます。

また、一周忌だけは亡くなってから満一年目に行いますが、以降の年忌法要は年数から一年引く必要があります。

例を挙げると、三周忌は三年目ではなくニ年目に行われることになります。

なお、法事の日程が平日に当たる場合、直前の土曜か日曜行うのが一般的です。

法事・法要の流れと服装。

法要の流れが宗派によって異なりますが、ここでは一般的な仏式の法要について説明します。

[法事の服装]

遺族は三回忌までは喪服で執り行い、以降は略式喪服や地味な色の私服で構いません。

参列者は初七日から四十九日までは略式喪服を着用し、一周忌以降の年忌法要では地味な服装でも構いません。

七回忌以降も派手すぎなければ平服でもいいでしょう。

[準備]

参列者は香典を準備し、遺族はお返しの引き出物を用意します。

香典は葬儀用の水引に入れ、薄墨で『御霊前』と記し、ふくさに包んで持っていきます。

[法事・法要の準備(遺族)]

法要(法事)の準備は多岐にわたります。

突然の不幸でパニックに陥るかもしれませんが、そうならないように落ち着いて一つずつこなしていきましょう。

1.日程を決める

故人が亡くなった日から数えるようにしましょう。

三周忌以降は年数にマイナス一年した年度に行います。三周忌だと二年目に行うので今のうちに慣れておきましょう。

法事の日が平日に当たる場合、直前の土日にずらしても構いません。

2.場所を決める

自宅やお寺、斎場のあるホテルなどがありますが、自宅かお寺で行うのが一般的です。

読経だけ自宅やお寺で行い、その後の会食はホテルや料亭で行うパターンもあります。

この場合、それぞれの施設に別途予約が必要になってきます。

3.料理の手配をする

予約時は『法事の会食で利用したい』と伝えましょう。

会場側も状況に配慮した食事を出してくれます。

4.お寺への連絡

法要の場所や日程が決まったら、檀家に属されている場合は、その菩提寺へに連絡を入れます。

菩提寺がない場合は弊社へご連絡ください。

各宗派のお坊さんを手配させていただきます。

5.案内状の手配

親族だけで法事を行う場合、電話連絡だけで構いません。

もし会社の関係者や友人知人を招く場合、往復はがきを使って案内状を作り、出欠を訪ねましょう。

6.引出物の手配(引き出物)

法事の引出物には水引きに『粗供養』『志』と表書きを施し、黒白か双銀の結びきりをかけます。

品物としては石鹸や洗剤といった実用品。または故人が好きだった商品がよく使われます。

ただし、遠方からいらっしゃる方もいるので重たくかさばるものは控えましょう。

引き出物にカタログギフトを使うケースも増えています。

不祝儀用カタログデザインを用意している百貨店もあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

カタログギフトを使う場合、予算は2000円から5000円の間で収めましょう。

法事の後に会食を設けない場合、折り詰めの料理やお酒を用意しておき、引き出物と一緒に渡しましょう。

7.墓石、墓地

四十九日の場合のみ、法事と納骨を同時に行うことがあります。

その場合はお寺の他、墓地や石材店にも相談して前もって準備を進めておきましょう。

サービス対応地域

  • 対応地域
  • 一部対応地域
  • 非対応地域

対応地域

東京・神奈川・埼玉・千葉
愛知
大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀

一部対応地域

※宗派・地域により派遣可能です。別途交通費が必要です。
派遣できかねる場合がございます。ご了承ください。
群馬・茨城・栃木
静岡・山梨
和歌山・三重

非対応地域

基本的に派遣不可能です。
詳しくはお問合せください。



ページの先頭へ戻る